持ち家 相続 ハウスリースバック

持ち家の相続どうする?

 

持ち家の相続にお悩み、お困りではありませんか??

 

今では相続した持ち家が放置されたまま空き家になっている、、、なんて現象が社会問題になっているようですね。

 

というのも何となくわかる気もします。

 

(遺産)相続で一番どうしたらいいのだろう?と悩むのが「持ち家(不動産)」ではないでしょうか?

 

現金など分けられるものは配分を決めて分ければいいと思います。

 

ですが、持ち家(マンション含む)はそのままの状態では分けることはできません。

 

突然ご両親が亡くなって家を相続し、

 

妹 : 「私達夫婦は1階に住むから、お兄さん達夫婦は2階に住んでね、、、」

 

兄 : 「わかった、これからはひとつ屋根の下仲良くやっていこうな!」

 

なんて、、、とっても仲の良い兄弟も世の中にはいるのかもしれませんがまあほとんどの場合は有り得ないですよね、、、

 

相続される娘さんや息子さんが一人っ子であれば分ける必要はないと思いますが、

 

兄弟が何人かいらっしゃっる場合は誰かが住むのか?それとも誰も住まないのか?

 

何にしても等分に分けなければ、後々兄弟の争いのもとにもなりかねません。

 

そんな事態を避ける為にも持ち家含む財産の相続については予め考えておいた方が良さそうです。

 

また、現在では日本人の平均寿命はどんどん伸びていますね。

 

ご高齢でも元気にお過ごしの方々が多くいらっしゃるように感じ良いことだと思いますが、

 

そんな時に年金だけで暮らしていると突然の出費など少し不安に感じることもあるかもしれません。

 

そんな現代に合った新しいサービスが誕生しているんです。

 

 

持ち家を分けるには?

 

持ち家を相続で分けるにはやはり現金にしなければなりません。

 

「持ち家を現金にする」ということは「家を売る」と言うことになると思います。

 

ですが現在住んでいる家を売ってしまえば住む場所がなくなってしまいますよね?

 

家を売却した後は、新しい家を探したり、、引越ししたり、、何かと面倒です。

 

そこで、現在問い合わせ急増中というハウス・リースバックというサービスをご紹介したいと思います。

 

住みながら自宅を売却できる!

 

ハウス・リースバックとはどんなサービス?

 

ハウス・リースバックは株式会社ハウスドゥさんが2013年8月から始められたサービスです。
(※株式会社ハウスドゥさんは2016年12月8日東証第一部へ上場された安心できる会社さんです)

 

ハウス・リースバックの特徴

 

自宅を売却後もリース契約を結んで住み続けることが出来る!
売却後はリース契約になるので固定資産税がかからない!
必要であれば将来的に再度購入することもできる!

 

一番の特徴はやはり売却後も自宅に住み続けることが出来るという事ですね。

 

普通に売却してしまえば住むことはできませんが、ハウス・リースバックの場合は無期限で住み続ける事ができるわけです。

 

しかも固定資産税がかからないというのはなかなか嬉しいですよね。

 

家の大きさや築年数にもよると思いますが固定資産税って年間結構バカにならない金額になりますからね、、、

 

そしてもちろん、自宅を売却した事がご近所の方に知られることもありません。

 

とは言ってもリース料がかかる訳ですから、売却金額以上にリース料(家賃)を払うことになると言うことは、特別な理由がない限りは避けたいですよね?

 

そこでメリットデメリットについて考えてみたいと思います!

 

ハウス・リースバックのメリットデメリット

 

ハウスリースバックのメリット

 

◆普通の売却では買い主が見つかるまでは売却は成立しないが、ハウス・リースバックの場合は買い主は潟nウスドゥさんなので家が売れないまま時間ばかりが経ってしまうという事がない。

 

◆契約成立後、標準40日、最短20日で一括振込みされる。

 

◆売却にあたって引っ越す必要がないのでその分の費用や手間がかからない。保証人もいらない。

 

固定資産税がかからない

 

◆自宅を売却したことを近隣の人に知られることがない

 

◆将来的に買い戻す事も可能

 

ハウス・リースバックのデメリット

 

◆買い取り価格は市場価格の7割程度が目安なので、市場でもすぐに買い手が見つかるような物件であれば不利な契約になる。

 

基本的に売却額の10%程度がリース料(家賃)になるので、売却額が高いとその分リース料(家賃)が高くなる。
 (ディスカウント家賃制度というシステムがあるようですので面談の時に聞いてみましょう)

 

◆定期賃貸借契約付の物件は対象にならない。

 

 

 

以上簡単にまとめてみましたが、

 

買い取り価格やリース料がいくらになるのか?だけではなく引越しにかかる費用や固定資産税やその他かかる費用や手間を総合的に考えた上で有効的に活用できるといいですね。

 

迷っている方は、一度査定だけでもしてもらい色々と相談してみるのもいいかもしれません。

 

 

ここまで見てきてもうお解かりかとは思いますが、どんな人に最適なサービスかといえば、

 

(一時的に)持ち家を売却(現金化)して流動的な資産に変えたい方(しかも当面の間は住み続けながら、、、)にオススメのサービス ではないでしょうか。

 

例えば、こんな方にオススメです。↓↓↓

 

【例@】相続で子供達が揉めないように持ち家を現金化して分けられる状態にして気分的にスッキリしたい。
将来的には、子供達が買い戻すなり何なり自由に選択して欲しい。 と言う方、、

 

【例A】年金だけの生活では少し不安を感じるし、旅行にも気兼ねなく行きたいので持ち家を売って現金化したい。
だが引越しは労力もかかるし住み慣れた家を引っ越すのはいやだ。
残ったお金は子供達に等分に分けよう。 と言う方、、、

 

【例B】とにかく急ぎで現金が必要(資金調達、資産整理、相続、老後の生活etc...)だが、引っ越すのはイヤだ。他人にも知られたくない。 と言う方、、、

 

サービスご利用の流れ

 

ステップ@ 問い合わせをする → 面談日程を決める
【お問い合わせはこちらから】→ ハウス・リースバックへのお問い合わせ

 

ステップA 面談をする ※面談の場所はご希望の場所(ご自宅・店舗・カフェ、レストラン)を指定できます。

 

ステップB 物件査定(無料です) ※所要時間一時間程度(物件によります)

 

ステップC 担当者より金額提示とリース料のご提案

 

ステップD ハウス・リースバック成立 (又は 非成立)

 

 

※注)【対象都道府県】 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、鹿児島県、沖縄県

 

 

その他サービス、フォロー体制も充実しています

 

ご高齢単身住まいの方に「安心コールサービス(お元気様コール)」(無料)!実施

 

ハウス・リースバックをご利用の65歳以上の単身者の方を対象にした、「モーニングコール」と「見守り機能」を兼ね備えたサービスです。
365日毎朝お電話が届きます。

 

不動産のプロに相談できるので安心

 

不動産だけでなく相続に関しても豊富な知識のあるスタッフさんが対応してくださいます。
ハウス・リースバック以外の事でも何か不安なことなどあれば相談してみましょう。

 

個人情報保護、秘密厳守

 

お金の事や相続の事などはとてもデリケートな話なので他人には(または家族にも)知られたくないですよね。
「ご近所には知られたくない」はもちろん、「家族にもまだ話していないから知られたくない」などという場合でもしっかりと配慮をしていただけるので安心です。
個人情報は、(株)ハウスドゥのプライバシーポリシーに基づき徹底管理されています。

 



 

最後に

 

時代が変化していく中で、より便利なお客様のニーズに合わせた様々な新しいサービスが生まれていますね。

 

ですが、そのサービスが合うか合わないかは個人個人で違うかなと思います。

 

自分たちに合ったより良いサービスを活用して、自分たちの生活を安心、安全、豊かにできたらいいですね。